Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gno2masa.blog41.fc2.com/tb.php/141-680776d9

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

そういえば・・5話書いてないな;;まとめてかいとこ^^;

昨日から作戦開始で昼ON
マーサーHI-5位
プロトHI-14位
始まったばかりですからね^^
ノンビリいきます~♪
まぁ。。順位がどうであれ
「自分の思う最高の準備をして作戦に望む」わけですから
結果はそれの褒美みたいなもんですね^-^v
そんな感じです^^



//////////////////////////////////////
<書き忘れた「ディオールの涙5話」>
熊は鋭い牙でディオールの首筋に噛み付きました
「あ・・・おしまい??マジ??あぁ・・・」
「なんでこんな惨めな人生なの?洒落になんないなぁ」
「あっそうか!これは夢!てか今までの人生が夢なんだ!」
「本当は慎ましくも幸せな家庭をもつ普通の女なの・・・きっとそう!」
そう思いながらディオールは意識が遠くなりました。。。
すると熊は反応しないディオールに興味を持たなくなり
のそのそと草むらに戻りました・・・・・・・

薄れいく意識のなかで何故か星空だけが妙に綺麗で
傍から湧き出る清水の音だけがかすかに聞こえてきます
ディオールは微かな意識の中で最後に思いました・・・・・
「私の事なんて忘れて面白オカシク生きていくんだろうな・・ミンナ・・」
「ワスレル。。。ノ?」

次の日、偶然通りかかった伐採業者にディオールは発見され
麓の病院に搬送され一命は取り留めました。。。
ただ、ショックで意識が戻らず寝たきりの状態です・・・・
///////////////////////////////////////////////
<ディオールの涙・9話>
今、マーサーは八事の日赤病院の病室にいます
ベットにはディオールが寝ていました。。。

ディオールは山の中で熊に襲われて
首を噛まれたショックで意識不明にになり倒れてた所
偶然通りかかった伐採業者に助けられ病院に収容されたのです
その事はTVニュースで放映され
偶然みたマーサーが駆けつけて着ました

「わりぃな、ディオール・・お前の好きなやまかけ豚丼もってきたよ」

すると。。今まで意識の無かったディオールが
何故か涙を流したのです!

「先生!ディオールが泣いてるよ!意識が回復したんじゃね!?」

先生は飛んできてディオールの容態をチェックしたところ
少しずつではあるが回復する見込みがあるとの事
外傷も熊に噛まれた首筋の跡だけ、後は意識のみです
マーサーは今までの贖罪の意味も込めて医者に・・・

「取りあえず金はいくらでもかけていいから頼みましたよ!」

マーサーは激しく後悔してたのですが。。
起きてしまったことに対して今は出来る事しか
出来ないと腹をくくり生涯面倒を見ることを決意したのです。。。

病院を出るとプロトが外で待ってました
プ「ディオールの容態。。どう?良くなりそう?」
マ「まぁ・・気長に待つよ^^暇だし・・・」
プ「。。そか。。。お金、俺もなんとかするよ^^」
マ「・・・いいよ^^ディオールがよくなったら身体で返してもらうから^^」
プ「wwwそのころにはアイツ売り飛ばせる年かwww」
マ「あっ^^そか。。まぁ。。いいじゃない^^」
プ「だね^^てか。。アイツの元旦那もひでー奴だな!」
マ「。。。俺らが言える権利ないんじゃない?」
プ「・・・・・・そだね・・・・・・・・・」

マーサーは降りだしそうな空を見上げながら・・・
「そういや。。おなかすいたね。。」

次回、怒涛の最終回!!ハンカチの準備を!!うはぁー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://gno2masa.blog41.fc2.com/tb.php/141-680776d9

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

マーサー

Author:マーサー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。